懐妊間のウェイト軽減の大変さという重要性において

妊娠間は最も献立において頭を悩ませる毎日でした。絶えずと同じように食べ、スナックなんてしていないのにウェイトはつぎつぎ増えてしまう。病院からは二ウィークで500g、10ヶ月で7?10キロ増を目安にと言われていたのに気づくと臨月の健康は今や9キロウェイトを冷やしていて、ゼロウィークで1キロ増のペースで体重が増えていっていました。

その時もう一度ウィーク1回になっていた検診ではさすがに興味を通して日々の食事を各週報告するようにしていました。再び健康は甘いものを欲しているのでその要求を削ることもヤバイでしたが、とことん毎日和食を中心のちゃぶ台を心がけ、甘いものはリンゴを食する結果要求を満たし、便秘も解消できるようになりました。

でも腹が空いた時はよもぎ茶というノンカフェインのお茶をいれてゆっくりと食後に呑むようにしました。温かいお茶を飲み込む結果食欲が抑えられ献立の量を減らすことができました。

おかげでその翌週の検診では乳児は順調に大きく育ちつつ、ウェイトをキープすることができてホッという人心地できました。必要以上のウェイトアップは産道に余計な脂肪をつけてしまう原因につながってしまい、分娩ケース時間をかけることになってしまうので妊娠間は正しく栄養素を摂りつつも敢然とウェイトを管理して出向くことが大切でと思います。毎日下痢が続くという人は、善玉菌が不足しているのかも。

懐妊間のウェイト軽減の大変さという重要性において