面持にはりを奪い返す!面構えヨガを通じてみた

年齢を重ねるに連れて気になって現れるのが表情の筋肉のたるみだ。更に目のあたりなどは弾性がないと目のあたりまで悪くなってしまい、面持概観が暗くなるので戸惑いになっていました。疲れてる?なんて奴に訊かれるといったずいぶん凹みます。

自分の中ではたえず口角を上げているようにするとか、奴と話す時は面持豊かにするなど表情の筋肉を使うように気をつけてあるつもりでした。ただし重力には敗れるものです。その程度の意識では直しません。

そんな時に気になったのが表情ヨガでした。テレビジョンなどで頻繁に紹介されていたので、ネットで調べていくつかの表情の体操を試してみました。これがよりくたびれるんです。表情の使っていない筋肉を取り回すので表情が筋肉痛みたいになります。

更に目のあたりですが、瞳の側や深層の筋肉って身辺ではまぁ扱うことがないんですね。そこを意識して動かします。鏡を見ながら引き上げるのが良いようですが見たこともない面持になるのでなんとなく笑ってしまいます。

こうして楽しみながら一日数分を二週ほど続けると気力目のあたりがスッキリしてきたような受け取りがありました。慣れると鏡がなくてもファミリーの正中などに思い出してはやっていたので実際の効き目の近辺はわかりません。

写真を撮ってビフォーアフターがわかるように記録しておけば良かった、と思いましたが面持が悪いとは言われなくなったので良しについてにしました。今度は写真で変調が見られるようにして再チャレンジしてみたいだ。福祉の仕事の中で、やりがいを感じやすい、おすすめの業種は?

面持にはりを奪い返す!面構えヨガを通じてみた